火災保険の現地調査とは?実態や注意点をご紹介!

現地調査

火災保険の現地調査は何をするの?と疑問になる方もいるでしょう。今回の記事では、現地調査のメリットから注意点まで解説していきます。

火災保険の現地調査とは

火災保険の現地調査とは「火災保険申請をするための被災調査」のことを指します。主に2種類の現地調査がありますが、一般的には火災保険申請サポート業者による現地調査のことを指します。

2種類の現地調査
  • 火災保険申請サポート業者による現地調査 → 火災保険申請をするために被害状況を確認する調査
  • 保険会社による現地調査 → 申請された内容を実際に目視で確認するための調査

火災保険申請では被害の発生原因が重要になるので、火災保険申請サポートによる現地調査では被害箇所を探すだけでなく、被害が発生した原因まで調査いたします。

被害がない場合は無料

火災保険申請サポート業社に調査依頼する方の多くは被害の認識がありません。

火災保険申請サポートは完全成功報酬で手数料を支払うサービスなので、被害がなかった場合は一切費用が発生せず安心して無料調査を受けることができます。

火災保険の現地調査の内容

現地調査では「ヒアリング」「屋外調査」「屋内調査」の3つのステップでおこないます。3つ目の屋内調査に関しては、お客様がご希望されない場合は屋内に入ることはありませんのでご安心ください。

現地調査の具体的な流れと、調査箇所について解説していきます。

被害箇所のヒアリング(被害の認識がなくてもOK)

まずは物件の屋外・屋内含めて、ご自宅で気になる箇所をヒアリングしていきます。

気になる箇所として特に多いのが以下のようなもの声があります。

  • 窓ガラスのヒビ
  • クロス(壁紙)のめくれ
  • フローリングのヘコミ
  • フェンスの歪み
  • 雨漏れによるシミ

上記であげた被害はすべて火災保険で補償される可能性があります。

多くの方が保険金を貰いそびれていると言われており、火災保険申請サポートを利用する人も年々増加しています。

屋外調査

火災保険申請で多いのが屋外の被害です。主に次のような箇所を点検していきます。

  • 屋根
  • 雨どい
  • 外壁
  • カーポート
  • フェンス
  • 玄関タイル

屋外の被害は自然災害によるものが多く、普段気づけないような被害が見つかることがほとんどです。申請サポート業者に無料点検してもらうことでご自宅の健康診断にもなります。

屋内調査

屋内調査に関してはお客様が気になっている箇所を調査していきます。希望されない場合は屋外調査のみ行いますのでご安心ください。

主に次のような箇所を点検していきます。

  • 壁紙(クロス)
  • フローリング
  • 雨漏れ
  • エアコン

気になる箇所がある場合は事前のヒアリングでお伝えください。どんなに小さなお悩みでも紳士に対応させていただきます。

火災保険の現地調査を依頼するメリット

火災保険の現地調査をすることで、給付金を受け取れるのが1番のメリットです。

通常、建築会社に点検してもらう場合は5万円程度の費用が発生しますが、無料で現地調査をしてもらえるのが火災保険申請サポートです。

具体的な現地調査のメリットを見ていきましょう。

貰いそびれている給付金が受け取れる

現地調査の1番のメリットは給付金が受け取れることです。火災保険には他にも以下のような特徴がありますのでおさらいしておきましょう。

火災保険の基礎知識
  • 申請しても保険料は上がらない
  • 火災保険の給付金は税金がかからない
  • 何度でも申請可能

火災保険を申請することによるデメリットは基本的にないため、火災保険のことを知っている人ほど積極的に火災保険申請サポートを活用しています。

>> 火災保険を使うデメリットは?

家の健康診断になる

火災保険の現地調査では、自然災害で影響を受けやすい箇所を中心に点検していきます。

現地調査をすることで、火災保険の給付金意外にも被害の未然防止ができます。特に以下のような被害を未然防止できます。

  • 雨漏れ
  • 雨どいの落下
  • エアコンの漏電

通常、建築会社に家全体の点検を依頼する場合、点検費用として5万円程度はかかってしまうので火災保険申請サポートによる無料点検は非常に有効活用できます。

被害箇所があれば成功報酬でサポート

火災保険申請サポートは完全成功報酬のサービスで、被害がない場合や給付金を受け取れなかった場合は一切費用が発生しないのが特徴です。

弁護士監修の火災保険申請サポート業者に依頼することで、安心して給付金を受け取ることがきます。

火災保険申請サポートの基礎知識|いくら受け取れる?

火災保険の現地調査の注意点

火災保険の現地調査では次のような注意点があります。

  • 訪問販売で「無料点検します!」と突然くる業者
  • 法律の知識がない業者

火災保険申請サポー良業者の中には、強引な訪問販売でトラブルになっているケースや、法律の知識がない業者による契約トラブルも発生しています。

業者を選ぶ際は「弁護士監修」の安心できる業者に依頼しましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険の現地調査には2種類ある
  • 訪問販売での営業には気をつけましょう。
  • 安心できる業者に依頼しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。