火災保険を使いすぎるとどうなる?たった1つの注意点とは?

火災保険 使いすぎ

「火災保険を使いすぎると保険料が上がるのでは?」「この前申請したばかりだけど、また使っても大丈夫なのかな」など、火災保険の使用に関して疑問や不安を感じることがありますよね。

そこでこの記事では、「火災保険の使いすぎ」に焦点を当てて、デメリットの有無や注意点などをご紹介します。

火災保険の使いすぎによるデメリットはない!

基本的に、火災保険の使いすぎによるデメリットはありません。ここでは、その理由を詳しく解説します。

何度申請しても(使いすぎても)保険料は上がらない

火災保険は、契約期間中に何度申請しても保険料は上がらず、自動車保険のような等級ダウンもありません。

ただし近年は、台風や豪雨などの自然災害が頻発しており、火災保険の保険料自体は値上がり傾向にあります。そのため、すでに契約している火災保険の保険料は上がりませんが、契約更新時や他社への乗り換え時には、保険料が上がる可能性もあります。

火災保険の申請回数に制限はない

火災保険の申請回数にも制限はありません。そのため「この前も申請したばかりだし…」といった状況でも、受給の条件を満たす場合は遠慮せずに申請を行いましょう。

以前申請したのと同じ被害箇所でも、修理やリフォームを行った後で再度被害を受けた時は、問題なく火災保険を申請できます。

ただし、以前保険金を受け取ったのに修理せず放置した箇所については、同じ箇所に再度被害を受けても、再度保険金を受給することはできません。

火災保険の使いすぎとは関係なく契約終了になるケース

火災保険は、使いすぎで契約終了になることはありません。しかし一定の条件を満たすと、契約期間が残っていても契約終了とみなされてしまうことがあります。

ここでは、契約終了になってしまう条件を詳しく見ていきましょう。

火災保険金額の80%を1回で受け取った場合

火災保険は、設定された保険金額の80%以上を1回で受け取った場合、契約終了となります。保険金額の80%以上を受け取ると、「建物が全損した」とみなされ、火災保険の補償対象がなくなってしまうためです。

例えば、設定された保険金額が1,000万円の場合をイメージしてみてください。契約終了になるケースとならないケースの例を、以下にまとめました。

  • 1回の申請で800万円以上の保険金を受け取った:契約終了
  • 800万円未満の保険金を受け取った:契約継続。何回でも受け取れる

1回の損害額が保険金額の80%に満たなければ、何回受け取っても契約終了になることはなく、保険料も上がりません。

地震保険は保険金額全額を受け取った場合

火災保険とセットで加入できる地震保険は、設定された保険金額の全額を受け取った場合に契約終了となります。

地震保険では、被害の程度を「一部損」「小半損」「大半損」「全損」の4段階に区分し、区分により支払われる保険金額が決まります。具体的な保険金額を、以下にまとめました。

  • 一部損:保険金額の5%(時価額の5%を上限とする)
  • 小半損:保険金額の30%(時価額の30%を上限とする)
  • 大半損:保険金額の60%(時価額の60%を上限とする)
  • 全損:保険金額の100%(時価額を上限とする)

このうち、全損認定を受けて保険金額の100%を受け取った場合、地震保険の契約が終了します。

火災保険を使いすぎる事による唯一の注意点

基本的に、火災保険の使いすぎによるデメリットはありません。

しかし、不測かつ突発的な事故による建物や家財の破損など、自然災害以外の原因で火災保険を頻繁に申請しすぎると、保険会社に悪い印象を与え、更新時に割増料金を提示されたり、契約を断られたりする可能性があります。

自然災害による被害を申請する場合にはほとんど心配ありませんが、うっかりミスによるトラブルが多い方は注意しましょう。

火災保険を使いすぎるとどうなる?に関するQ&A

火災保険が途中で契約終了となった場合、すでに払い込んだ保険料はどうなりますか?
保険期間が1年以上かつすでに保険料を一括払いしている場合、翌年度以降分の保険料が返還される可能性があります。ただし、保険金の返還に関する扱いは会社により異なるため、必ず契約中の保険会社に確認してください。
自分のケースで火災保険を申請して良いのかわかりません。
火災保険を申請できるかどうか迷った時は、火災保険の申請サポート業者に相談してみましょう。

申請サポート業者は、火災保険申請に関するあらゆる助言を行うほか、申請できると判断した場合には書類作成の手助けもしてくれます。

まとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険は何度でも積極的に使うべき
  • 1回の申請で契約終了になるケースもある
  • 突発的な事故による申請のしすぎには注意

火災保険は申請回数に制限がなく、申請によって保険料が上がることもありません。そのため、基本的に使いすぎるデメリットはないと言えます。

ただし、1回で保険金額の80%以上を受け取った場合など、契約が強制終了になるケースもあるため注意が必要です。火災保険の申請に関して迷ったら、保険会社や火災保険の申請サポート業者に相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。