火災保険でテレビは補償される?請求できる条件をご紹介!

火災保険 テレビ

子供が遊んでいてテレビを壊してしまった、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。テレビの損害は火災保険でまかなえるケースが多々あります。

今回の記事では、テレビが火災保険で補償される条件と、実際の事例までご紹介します。

火災保険でテレビは補償される?請求できる条件をご紹介!

テレビが故障したり、アンテナに不具合がでた場合は火災保険を使うことができます。

火災保険で補償されるのは次にあげる2つのケースです。

  • 自然災害で被害を受けた場合
  • 突発的な事故で故障した場合

発生原因と補償内容を理解することで、火災保険を有効活用することができます。

自然災害

テレビが自然災害で被害を受けた場合、火災保険で補償されます。

  • 台風の影響
  • 落雷の影響

テレビに不具合が起きている場合、テレビ本体に被害を受けているケースと、アンテナが被害を受けているケースがあります。

どちらにしても自然災害が原因であれば火災保険で申請することができます。

汚損・破損

汚損・破損でテレビが損傷した場合も火災保険で補償されます。

汚損破損とは「不測かつ突発的な事故により、建物や家財が損害を受けた」際に補償するものです。

具体的には次のようなものがあげられます↓

  • 子供が家の中で遊んでいて扉のガラスが割れた
  • お皿を床に落としてしまった際にフローリングがへこんだ

火災保険でテレビが補償される事例

申請事例

テレビに不具合や損害が発生した場合、火災保険で補償される可能性は高いです。

火災保険で補償されるかどうかは不具合や損害が発生した「原因」で決まります。

火災保険でテレビが補償される事例①液晶画面が割れた

テレビの損傷で一番代表的なのが液晶画面の割れです。

子供が家の中で遊んでいるときに、投げたオモチャがテレビに当たり、液晶画面が割れてしまった。

この場合、汚損・破損の補償内容に該当するため火災保険で補償されます。

被害発生日が明確であるため、発生日時をメモで記録しておきましょう。

火災保険でテレビが補償される事例電源がつかない

テレビの電源がつかない場合は、その原因次第で火災保険が活用できる場合があります。
次のような場合、火災保険で補償されます。

電源コードを引っ掛けてテレビが転倒し、電源がつかなくなってしまった。

この場合、転倒する以前に問題なく電源が付いていたのであれば火災保険で補償されます。
以前から電源がつかなかった場合は、テレビ自体の問題と考えられ火災保険の対象外となります。

火災保険でテレビが補償される事例③アンテナの不具合

テレビがつかない原因はアンテナの不具合も考えられます。

アンテナの不具合も火災保険で補償されることがあり、次のような事例があります。

台風の影響でアンテナがずれてしまった

台風が原因である場合、火災保険で補償されます。

アンテナの不具合は目視では確認が難しいため、業者に点検してもらうようにしましょう。

火災保険でテレビが補償されない事例

火災保険でテレビが補償されない事例

テレビの不具合や損傷でも、その原因によっては火災保険で補償されません。

まずは相談することが大切ですが、申請する場合は、できるだけ早く申請するようにしましょう。

火災保険でテレビが補償されない事例①わざと壊した場合

当然ですが、わざと壊した場合は火災保険で補償されません。

故意的に損害を作り、虚偽の申請をすることは違法行為となりますので、絶対にしてはいけません。

火災保険でテレビが補償されない事例経年劣化で壊れた場合

経年劣化でテレビが壊れた場合、火災保険では補償されません。

火災保険で申請する場合は、事故発生日が必要になるため「いつの間にか壊れていた」などの場合は申請できません。

火災保険でテレビが補償されない事例③被害から3年以上経過

火災保険の請求期限は被害発生から3年です。
この理由としては、被害発生から期間が経ちすぎると被害原因が特定できなくなるからです。

3年以内の被害の場合でも、できるだけ早く申請するようにしましょう。

テレビの損傷で火災保険を最大限受け取る方法

火災保険で最大限受け取るには、次の2つが重要です。

  • 免責金額を把握する
  • 物件全体の点検を依頼する

免責設定とは、自己負担しなければいけない金額のことです。

火災保険は契約によって免責設定をしてある場合とそうでない場合があり、免責設定にはフランチャイズ方式と免責方式(エクセス方式)の2種類あります。

  • フランチャイズ方式・・・一定金額までは全額自己負担で、それ以上の場合は保険金が全額支払われる
  • 免責方式・・・保険金額に関係なく、合計額から差し引きされて計算される

実際に、フランチャイズ方式で免責20万円と免責方式で免責5万円の場合で比べてみます。

損害額フランチャイズ方式免責方式
損害額3万円保険金:0円
自己負担:3万円
保険金:0円
自己負担:3万円
損害額30万円保険金:30円
自己負担:0万円
保険金:25円
自己負担:5万円
損害額50万円保険金:50円
自己負担:0万円
保険金:45円
自己負担:5万円

フランチャイズ方式の場合、20万円以下の場合は1円も受け取ることができないため、注意が必要です。

免責金額は一度の災害に対して1定金額が計算されるため、同じタイミングでの被害はできるだけ一緒に申請することで最大限受け取れる可能性は高くなります。

火災保険を最大限受け取るためにも、申請の際は物件全体の調査をするようにしましょう。

「火災保険 テレビ」に関するQ&A

テレビをすでに修理した場合でも申請できますか?
修理済みでも申請可能です。
被害時の写真と、修理や購入時のレシートを提出することで後からでも生急することが可能です。
傷がついて、電源は付くのですが申請できますか?
申請することはできます。
保険金がおりるかどうかは保険会社が判断するので、まずは一度申請してみましょう。

まとめ

テレビが被害を受けた場合、自然災害か汚損破損で補償されるケースがほとんどです。

電波不良や、画面が写りにくいなど不具合を感じた場合は、アンテナが原因であることも考えられるので、一度点検してもらうようにしましょう。

この記事のまとめ
  • 子供の遊びによる損傷も補償される
  • 免責金額を意識すること
  • 修理後で申請をすることが可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。