火災保険でフローリングの傷は補償される!注意点もご紹介

火災保険 フローリング

フローリング(床)の傷やへこみは火災保険で補償されます。今回は火災保険で修理する条件や、実際の事例を紹介します。

どのように金額が決まるのか、実際にいくら受け取れるのかを理解しましょう。

この記事でわかること

気になる箇所がある方はチェック↓↓

このフローリング被害は補償される?>>

フローリング(床)が傷ついてしまった、へこんでしまったなど、すでに被害がある場合は無料調査をおすすめします。

火災保険でフローリングの傷は補償される!

火災保険でフローリングの傷が補償される条件は「不足かつ突発的な事故」で発生した被害のケースです。具体例を見ながら補償範囲を理解しましょう。

不足かつ突発的な事故の場合

「不足かつ突発的な事故」とは、予測ができず突発的に起きた事故を補償するものです。具体的には次のようなものが補償されます。

  • 子供が遊んでいて、テレビ画面が割てしまった
  • 家具の移動中に壁紙がめくれてしまった
  • ドアを強く開けすぎて破損してしまった

このように予測ができず、対策がむずかしい事故を「不足かつ突発的な事故」と呼びます。ここで重要なのは、お客様にどのくらいの過失があるのかという点です。

明らかに予測ができる場合は、補償されないケースが多いので注意が必要です。

火災保険で補償されないケース
  • タバコによる被害
  • 犬や猫などペットによる被害
  • 家具の重みによるフローリングのヘコミ

フローリングの張替えはできる?いくら補償される?

フローリング被害が補償される場合、被害の大きさ状況によって補償される金額は異なります。

フローリングの張替えになりやすい条件は次のようなものがあります↓

  • 被害範囲が広く、全体的な修繕が必要な場合
  • 生産が終了しているモデルの場合
  • 工事の関係上、一部交換が難しい場合

このようなケースでは、フロア全面のフローリンふ張替え工事が適応されます。また、保険会社への説明が重要で、受給金額も大きく変わるケースがあります。

フローリングの傷が火災保険で補償されるケース

フローリングでよく発生している被害をまとめてみました。どんな被害が補償されるのか確認してみましょう。

スライドで確認できます(スマホ)→→

被害例補償範囲が
建物のみ
補償範囲が
家財のみ
補償範囲が
建物/家財両方
家具を移動中にフローリングに傷がついた×
皿を落としフローリングが傷ついた×
お風呂のお湯が溢れてフローリングが水浸しになった×
ペットがフローリングに傷をつけた×××

一般的には建物補償にしているケースがほとんどなので、フローリングの傷やへこみは基本的に補償されます。フローリングに傷はあるけど「原因がわからない・・」「いつのものか分からない・・」などの場合は、是非一度お問い合わせください。写真を見てのお答えや、実際に無料調査でサポートさせて頂きます。

お問い合わせで特に多いのが次の3つです。

  • フローリングの傷
  • フローリングのへこみ
  • フローリングの焦げ

これら3つに関しては、実際の写真を見ながら解説していきます。

火災保険で補償されるケース①フローリングの傷

フローリング被害で一番多いお問い合わせが「フローリングの傷」です。日常生活の中で発生しやすく、いつ傷がついたのか分からない・・などのご相談も多いです。

申請実績をもとに、傷の原因を推測し、しっかりと保険会社に説明することで給付金を受け取れる可能性があります。

火災保険で補償されるケース②フローリングのへこみ

「フローリングのへこみ」はモノを落とした際に発生することが多いため、なぜ発生したのかを覚えている方が多い印象です。被害発生から3年以内被害であれば申請することができます。

火災保険で補償されるケース③フローリングの焦げ

「フローリングの焦げ」はさまざまな発生原因があります。タバコによる焦げは補償対象外ですが、アイロンによる焦げや、ストーブによる焦げは補償される可能性があるため、一度相談してみましょう。

フローリングの傷を火災保険申請する際の注意点

補償範囲に関係なく、次の2つのケースは火災保険で補償されません。

  • 経年劣化(カビ・色あせなど)
  • 故意や重大な過失

具体例をもとに確認してみましょう。

経年劣化の場合は補償されない(カビや色あせも含む)

火災保険の保証に入ってる場合でも、経年劣化は補償されません。フローリングの経年劣化による被害は次のようなケースがあります。

  • 劣化によりフローリングの木が腐っていう
  • 故意や重大な過失がある場合は補償されない
  • 太陽の光によってフローリングが変色している

フローリングの被害を特定することは難しいので、自分で判断せずにプロに相談しましょう。

故意や重大な過失がある場合は補償されない

フローリングの傷やへこみが発生した場合でも、原因が故意や重大な過失による被害であれば補償されません。火災保険は被害内容よりも「被害原因」が重要になります。

故意や重大な過失とは、次のようなケースが該当します。

  • 不安定な場所に重いモノを積んで、フローリングに落下した
  • 重いものを投げた際にへこんでしまった

実際にどのような場合に故意や重大な過失とされるかは保険会社の判断になります。

フローリングの傷で火災保険はいくら受け取れる?

火災保険の給付金額は修理費用と別で、費用保険金が受け取れます。実際にどのくらい受け取れるのか事例をもとに確認してみましょう。

給付金額の決まり方

フローリングの傷が補償される場合、損害保険金と費用保険金で計算されます。

損害保険金 + 費用保険金 = 給付金額

損害保険金とは、修繕で必要な費用。
費用保険金とは、修繕以外で必要になる費用

費用保険金は、工事中のホテル宿泊費用や、交通費など修繕以外の費用を補償するモノです。基本的には、修繕保険金の10%程度になるケースが多いです。

 

火災保険でフローリングを申請する方法・流れ

フローリング被害の確認

まずは被害状況を確認しましょう。

上記でも説明しましたが、フローリングの被害で多いのは下記の3つです。

  • フローリングの傷
  • フローリングのへこみ
  • フローリングの焦げ

被害が発生した直後の場合は、発生日時と状況をメモしておきましょう。

火災保険申請サポート業者に連絡

まずは連絡をして、無料調査の依頼をしましょう。

悪徳業者には注意してください

火災保険申請サポート業者の中には、悪徳な業者も存在します。トラブルの多い業者は特徴おがあるため、依頼前に確認しするようにしましょう。

【悪徳業者の特徴】

  • 訪問販売にて強引な営業をしている
  • ホームページに代表者名の記載がない
  • 手数料が高すぎる(相場は33%〜38.5%)
火災保険申請サポート業者による現地調査・書類作成

火災保険申請サポート業者による無料調査を行います。被害の認識がある場合は調査時に伝えるようにしましょう。

フローリングの被害写真を撮影し、申請に必要な書類を作成してもらいます。火災保険申請に必要な業務の80%程度を任せることができるので、負担なく給付金を受け取ることができます。

物件調査から1ヶ月程度で、保険会社から給付金が振り込まれます。

>>火災保険の申請方法・流れを確認する場合はこちら

フローリングの火災保険申請に関するQ&A

ペットが付けた床の傷は火災保険で補償される?
基本的に補償されません。ペットによる被害は事前に予測することができるため、不足かつ突発的な事故に該当しません。
フローリング表面のはがれなど小さな傷も補償される?
原因によります。被害の大きさよりは、発生原因が重要になります。
フローリングを申請することによるデメリットはある?
申請回数に制限や、保険料が上がることもないためデメリットはないといえます。

フローリングの火災保険申請に関するまとめ

この記事のまとめ
  • 小さな傷でも申請できる
  • 申請サポート利用で楽に申請可能
  • 何度申請しても保険料は上がらない
  • 申請回数に制限はない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。